1. トップ
  2. POSレジガイド
  3. その他
  4. モバイルPOSとは?コンパクトな端末ならではの特徴と実現できること

モバイルPOSとは?コンパクトな端末ならではの特徴と実現できること

POSレジを活用すれば、会計時に蓄積された顧客データや売れた商品数、価格などの商品情報を分析できます。分析したデータは、ビジネス戦略の立案、在庫管理などに役立てられるため、売上や利益の拡大を図るためには欠かせないツールといえるでしょう。しかしPOSレジの導入にはコストがかかり、レジスターを設置するためのテーブルやスペースが必要です。

そこで注目されているのが「モバイルPOS」です。モバイル端末に専用のアプリをダウンロードするだけで使用できるPOSレジです。会計やオーダーなど、飲食業や小売店に特化した機能が搭載されています。また最新のクラウド型なら、座席の予約管理ができ、顧客情報や会計データをクラウドサーバ上で保存するため、24時間365日いつでも閲覧できます。コンパクトなつくりをしていて扱いやすいため、市場規模も拡大傾向にあります。

モバイルPOSには、インターネットにつなげて使用するならではのメリットがたくさんあります。その概要を解説します。

モバイルPOSとは

モバイルPOSは、スマートフォンやタブレットをPOSレジとして扱うためのシステムです。会計機能はもちろん、従来のレジとは異なる画期的なシステムが搭載されています。

スマートフォンやタブレットをPOSレジにできるシステム

モバイルPOSとは、POSレジ専用のアプリをインストールすることで、スマートフォンやタブレットをPOSレジとして使用できる仕組みのことです。POSとは「Points of sales」の頭文字をとった名前で、売上情報を管理するシステムも搭載されています。

こちらの記事もぜひ確認してください。

▶︎ POSレジとは?(POSシステム)

モバイルPOSの基本的な機能

レジの会計機能

従来のレジと同様の基本的な会計機能が備わっています。具体的には、金額の計算やレシートの発行機能、入金や出金記録が確認できます。ただし、レシート紙へ印字して発行する機能を利用するには、レシートプリンターが別途必要です。

顧客情報の登録

モバイルPOSに蓄積されたデータで顧客管理ができます。具体的には、顧客ごとの来店回数や購入履歴、年齢や性別と会計の紐づけなどが行えます。また顧客との会話をモバイルPOSにメモとして残すことも可能です。

売上の管理や分析

当日の売上や会計回数のチェックが可能です。また複数の店舗で情報を共有すれば、リアルタイムで売上管理ができ、データの閲覧や曜日別・客層別など、さまざまなカテゴリーに分けて売上分析ができます。フランチャイズや複数の店舗を持つ企業におすすめで、地域別や時間帯による販売戦略や売れ筋の把握に役立つでしょう。

モバイルPOSの特徴

モバイルPOSは、非常にコンパクトで操作が簡単です。そのため、これまでPOSレジが扱えなかったイベントや野外での利用も容易です。

POSレジ導入にかかるコストを抑えることができる

モバイルPOSは、通常のPOSレジよりも初期費用が抑えられます。通常のPOSレジを導入する場合、コンビニエンスストアやファミリーレストランなどでみられるターミナル型POSレジの場合、端末の購入に1台50万円から100万円程度かかります。またパソコン型POSレジの場合は、パソコンとソフトウェアの購入で100万円前後かかる場合があります。

一方でモバイルPOSなら、スマートフォンやタブレット端末、周辺機器の購入で10万円から30万円程度で導入できます。またモバイルPOSは、端末に専用のモバイルアプリをダウンロードして使用しますが、アプリによっては初期費用が無料の場合もあるため比較的安価で導入できます。

レジスペースを小さくできる

モバイルPOSはコンパクトサイズのスマートフォンやタブレット、および周辺機器を使用します。そのため小さくて持ち運びができ、かつ広い場所を必要としません。レジ周りの空間をスタイリッシュにデザインしたい店舗へおすすめです。また小型の店舗や個人営業の飲食店向けといえるでしょう。

操作が簡単で作業を覚えやすい

モバイルPOSの操作画面は、直感的に操作できるようわかりやすくデザインされています。文字が大きく、タッチパネルの画面で操作もシンプルなので、機械操作が苦手なスタッフも扱いやすいでしょう。

インターネット環境にアクセスして使う

インターネットに接続されていれば、屋外などでもPOSレジが使えます。キッチンカーのような、移動型の店舗やイベントの出店においても、ポケットWi-Fiなどのインターネット環境があればPOSレジが利用できます。

モバイルPOSで注文が受けられる

モバイルPOSの商品マスタに、メニューや商品設定を施します。飲食店などで顧客からオーダーを受ける際、スタッフに1台ずつモバイル端末を持たせることで効率的にオーダーを受けられます。用紙に手書きでメモする場合と比べ、ミスや文字の読み違いが防げます。

また各テーブルにモバイル端末を設置し、顧客自身でディスプレイをタッチして料理を選択してもらうこともできます。オーダー受付および伝票の発行が自動で行われ、ホール作業の効率化や人員削減を図れるでしょう。

モバイルPOSで実現できること

モバイルPOSのコンパクト性やインターネットが利用できるメリットのおかげで、従来のPOSレジでは実現できなかったことが可能になります。

業務の効率化を図れる

モバイルPOSは、金額や商品名の変更などがあればまとめて登録できます。そのため在庫管理や商品マスタ管理が自動で行えます。

あらかじめ商品ごとに在庫を登録しておけば、入庫や販売の際に、それぞれの数が自動で更新されます。また数の更新が複数回行われることで、在庫変動の傾向をモバイルPOSが計算し、発注のタイミングまで通知してくれます。

これまで商品の在庫数をPOSレジに手入力していましたが、モバイルPOSならほぼ自動で計算してくれるため、レジ作業における手間が大幅に削減できます。その結果、在庫管理や発注業務の時間短縮につながるでしょう。

データを一元管理することができる

モバイルPOSは、仕入れや入庫・販売数・在庫数のデータを一元管理できます。これまでのPOSレジは、都度手入力を行っていたため入力間違いや計算間違いなどの人的ミスが起こっていました。しかし機械が自動で計算してくれるため、人的ミスが大幅に減少し、数値が正確になります。

またフランチャイズやチェーン店など複数の店舗を経営している場合、全体の売上や在庫数など、店舗同士のデータを連携させればまとめて管理できます。

インターネットに接続してPOSレジを利用しているため、売上金額や客層、人気メニューなどのデータがクラウド上に蓄積されます。またリアルタイムで情報が把握できるため、全国各地で展開している店舗へのサポート体制も整えやすいでしょう。

周辺機器の導入で多様な機能を追加できる

業種や業態に合った機能を自由にカスタマイズできます。たとえば以下のような機能またはオプションが自由に付与できます。これからさらに多様化する顧客のニーズへ柔軟に対応し、サービスを提供できるため、お店の販売促進にも活用できるでしょう。

カスタマイズできる機器できるようになること
カードリーダークレジットカード払いや電子マネーなどのキャッシュレス決済へ対応できます。
レシートプリンターお店のロゴや会計内容をレシートに印字したり領収書を発行したりできます。
バーコードスキャナ商品に記載されているバーコードが読み取れます。

POSレジを持ち運んで活用できる

通常のPOSレジのように大型ではないため、ある程度の設置スペースがなくてもPOSレジが使えます。面積が狭い物件でも店舗として利用できる可能性が高く、インターネットに接続できれば店舗から離れた場所でもPOSレジが使えます。屋外で行われるプロモーション販売やイベントへの出店でも、その場で会計業務や在庫の確認をするときに便利です。

モバイルPOSの導入ならサポート体制が万全な企業から

モバイルPOSは、コンパクトかつ初期費用が比較的安価なことから、個人営業や野外イベントで活用できます。またPOSレジに蓄積したデータをクラウド上に保存し分析できるため、大規模なフランチャイズを展開している企業にもおすすめです。

モバイルPOSを導入するなら、お店のサービスがスムーズに提供できる機能が付いたものを選ぶと良いです。また、モバイルPOSを安価で簡単に導入できるよう相談に乗ってくれる、および導入後のトラブル発生時に問い合わせできる、サポート体制が整った企業から購入しましょう。決済方法やサービスの種類など、顧客のニーズが多様化している今こそ、モバイルPOSの導入をおすすめします。

モバイルPOSをお探しなら「ユビレジ」がおすすめです。導入前、導入後のサポートも充実しています。

記事一覧に戻る