1. トップ
  2. 【ユビレジ】インボイス制度とは?POSレジで押さえるべきポイントを解説

【ユビレジ】インボイス制度とは?POSレジで押さえるべきポイントを解説

適格請求書等保存方式「インボイス制度」とは

2023年10月1日より新たな税制としてインボイス制度が導入されます。これは2019年10月の消費税10%引き上げを受けての改正で、複雑になった消費税を正確に把握する目的で導入される制度です。仕入税額控除(課税売上から課税仕入に関する消費税控除)を受けるための請求書や納品書の要件や関連する手続きが必要になります。

仕入税額控除とは

生産、流通などの各取引段階で二重、三重に税がかかることのないよう、課税売上げに係る消費税額から課税仕入れ等に係る消費税額を控除する仕組みです。
国税庁「仕入税額控除」

インボイス制度での仕入税額控除は適格請求書発行事業者(※1)から適格請求書(※2)を受け取った場合のみ可能となります。

原則、免税事業者からの仕入れは仕入税額控除ができません。つまり非課税の免税事業者と取引した場合、消費税の納税額が増えます。そのためインボイスに対応している事業者かそうでないかで納税に関する経理処理を分ける必要があります。

適格簡易請求書(簡易インボイス)の記載要件とレシート例

小売業、飲食店業、サービス業等の不特定多数の者に対して販売等を行う取引については、適格請求書の代わりにレシートが適格簡易請求書として該当します。軽減税率が適用される場合に税区分の記載が必要であるため、下記に該当する事業主はレシートの見直しを検討してください。

上のサンプル画像のように以下の項目をレシートに記載する必要があります。

課税事業者とは

課税事業者は基準期間(個人事業者は前々年、法人は前々事業年度)の課税売上高が1,000万円以上であれば該当し、納税の義務が生じます。

適格請求書発行事業者になるには(2023年10月1日〜)

2023年3月31日までに登録申請書を税務署に提出する必要があります。
登録申請書などは国税庁の関連ページをご確認ください。

適格請求書発行事業者の登録申請手続

インボイス制度に対応しているPOSレジ「ユビレジ」が1分でカンタンにわかる資料をご用意しました。

適格簡易請求書(簡易インボイス)の発行でレジの見直しを検討している事業者さまにオススメです。

ユビレジと連携するクラウド会計サービスご紹介

インボイス制度の関連記事

インボイス制度とは?2023年から変わることとやるべきこと